今回は3Dプリンタを修繕した話です。

ファブラボ山口に2台ある3Dプリンタのうちの1台、Afinia H480。
約二年前に購入して以来、ずっと調子良く働いてくれていたのですが、
引っ越して来てからというもの、どうも様子がおかしい。

IMG_0227
こういうものを作りたいのだが…

IMG_0228
こんな感じで、途中からズレる。

 

最初のうちは設定を変えると正常に出力できたりしていたので、
データに問題があるのか、もしくはソフト側の問題かなーと思っていたのですが、
そのうちだんだん症状が酷くなり…

IMG_0229
ありえないぐらいズレる!

よく観察してみると、毎回X方向だけにズレているので、
プレートを動かすベルトに原因があるのでは?と思い開けてみると…
IMG_0215

IMG_0216
ベルトにプレートを固定するためのパーツが、
経年劣化(?)でひび割れていました。

IMG_0224
ここが割れていた。

Afinia H480は、部分的に3Dプリンタで造形されたパーツが使われており、
このBletBlock-X-V11というパーツも3Dプリンタで出力されています。
そして、親切にもAfiniaがスペアパーツの3Dデータを提供してくれています。

ただし、「.UP3」というUP(※AfiniaのOEM元ブランド)独自のファイル形式なので、
実質UP Studio、Afinia Studioといった専用ソフトでないと開けません。

STL等の汎用的な形式にコンバートできないか調べてみたのですが、方法が分からず…
ということは、まずAfiniaを修理しないと、スペアパーツが作れない。。

 

IMG_0225
とりあえず、スペアパーツひとつだけ出力できれば良いので、
瞬間接着剤で割れた部分をガチガチに固めて、

IMG_0232
負荷が掛からないようにゆっくりと出力して、
どうにか造形したものがこちら。

IMG_0233
執拗に絡まったラフトとサポートを、ペンチで剥がして小刀で削り取り…

IMG_02343
それらしい形状のものが出来ました。
左がオリジナル、右が今回出力したスペアパーツです。

IMG_0239
ケーブルを通す溝が少し浅いみたいですが、
ベルトに接する部分がきっちり噛めば、動作に支障はなさそうです。

IMG_0241
動作検証も良好。無事にAfinia H480復活しました!

 

IMG_0230
さらりと書きましたが、原因特定~復旧までに5日ぐらい掛かりました…
もし同じような現象で困っている人がいたら、参考にして頂けたら幸いです!

可能であれば、壊れる前に全スペアパーツを出力しておくと良いですね。